オフィスでパーテーションを活用して仕事を効率化

転居先のビルにオフィス用のパーテーションを設置

オフィス パーテーションこちらオフィスのパーテーション工事

新しいビルに転居して従業員と一緒に仕事を頑張ろうと計画していたのですが、転居先のビルは室内が想定していたよりも広かったり、殺風景に感じる事に悩まされていました。
そこで従業員と相談しながらインテリアを変える事になり、試しに設置してみたのがオフィス用のパーテーションです。
間仕切りを取り付けるだけで室内のイメージが大きく変わると聞いて、ある程度の予算を用意して取り付けてみたところ、仕事をしやすい環境が完成して満足できています。
自分たちが最初に取り付けたのは骨組みがアルミで作られている間仕切りで、オフィス用のパーテーションを上手く活用すれば、部屋数を増やす事ができると話題になっていた製品です。
空間を仕切るだけでなくドアも取り付ける事ができて、広すぎる室内の一部を会議室や応接室として活用できるところが、この間仕切りを取り付けた理由でした。

皆様木曜日のお仕事お疲れ様です!

オフィスにパーテーションが来ました。


パソコンとモニターと電話機が来たら、
いよいよビジネスオフィスっぽくなりそうです! pic.twitter.com/spvij5Eh9V

— 三休さん@coming soon【公式】 (@3kyu_san) 2019年3月14日
元々から取り付けられている壁と比べると防音性は落ちますが、大きなコストをかけずに部屋数を増やせるところが魅力的です。
会議用のスペースをどこにするか悩んでいたので、新しく作った空間で従業員と一緒に会議をしながら、事業計画をまとめる事ができて助かっています。
間仕切りで部屋を増やすために大規模な工事を行う必要もなくて、専門知識を持つスタッフに設置作業を任せるだけで、あっという間に新しい部屋が完成したのも便利だと思える点です。
アルミで作られているためか価格も安くて、リフォーム工事を行うよりもコストパフォーマンスは良いと感じられました。
間仕切りのデザインを選べるところも魅力の一つで、ドアや壁などをガラス張りにしてもらう事で、外からも室内の様子を確認できます。

転居先のビルにオフィス用のパーテーションを設置パーテーションは様々なタイプがあり頑丈でコスパも良い季節に合わせて間仕切りのデザインを変えるのも良さそう